FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
読書感想文書き方から清書までご指導!

完全マンツーマンでご指導する「夏休み作文講座」、

カルチャースクールの読書感想文講座、

ご予約受付中です!


くわしくは、こちら。

夏休み作文講座

カルチャースクール読書感想文講座

さて。

夏休みの宿題、読書感想文

課題図書選び方です。

小学生対象でいいますと、
低学年、中学年、高学年とそれぞれ4冊が指定されています。

お子さんが読書感想文で苦労しないため、

さらには、なかなか書けないお子さんに、
保護者が付き合い、親子で苦労するようなことを避けるため、

「失敗しない課題図書選び」

を書いてみたいと思います。



その1
本はお子さんが選ぼう



読みたくない本を無理やり読むことほど、
お子さんにとって嫌なことはありません。

さらにその本で読書感想文を書くとなると、
二重の苦しみです。

保護者が選ぶのではなく、
4冊の本から、お子さんに選んでもらいましょう。


「自分が選んだのだから」
という、責任感も生まれるでしょう。



その2
本の中身を見て決めよう


いろいろなサイトで課題図書の紹介がされていますが、
やはり一番良いのは、書店で、本を手に取って選ぶことです。

文字の大きさ、読みやすさもわかります。

ネット通販は楽でとても便利ですが、
本が届いて、

「えー!こういう本だったの!?」

と、期待外れだったり、後悔したり、残念な本だったりしたことはありませんか。
私はあります(笑)。

そういう本で読書感想文を書くのは、大変苦痛ですし、
本嫌い、作文嫌いになってしまいかねません。


書店に足を運ぶのが難しければ、
本のあらすじを紹介しているサイトもたくさんあるので、

「こういう感じのお話だよ」

とお子さんに話してあげて、本を決める参考にするといいと思います。


その3
「なるべくページ数の少ない本を選ぶ」は危険なことも!


子どもの興味に関係なく、
「薄い本だから読めるだろう。書けるだろう」

という理由だけで選んでしまうと、お子さんによっては、苦労することがあります。


課題図書は、基本的に良質な本が多いとわたしは思っていますが、

薄い本は情報量も少ない分、


「お子さんの体験、想像力をかなり働かせないと難しそうだな」


と個人的に思う本も、ときおりあります。


これまで、長年ご指導してきて感じた、実感です。


それなら、

「感動する本」
「自分と同じくらいの年齢の子供が主人公の本」
「その本の内容が、自分や、身近な人の経験と重なる本」

のほうが、読むのに時間はかかっても、
読書感想文は書きやすいです。


繰り返しますが、
お子さんが選んだ、お子さんの読みたい本が、
一番です。

最終的に、読む時間、書く時間も減らせますし、
親子でしんどい思いをしながら、
書くという苦行も避けられます。

ぜひ、よい本に巡り合ってくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せたがや作文教室では、
7月からの入会生を募集中です♪

小学生、中学生、高校生、大学入試対策(小論文等)など、
ご希望にあわせてご指導しています。

通年で、スポット利用受講(入会しない受講)もできます。

「女性のための自分史づくり講座」も始めました!
https://www.setakoku.com/blank
●個別指導 下高井戸教室、経堂教室
●集団指導 千歳船橋教室(桜丘文化教室内)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せたがや作文教室
一般社団法人 せたがや国語力研究所
代表理事 高清水美音子
http://www.setakoku.com

下高井戸教室  京王線・世田谷線下高井戸駅・徒歩4分
●経堂教室   小田急線・経堂駅・徒歩2分
●千歳船橋教室(桜丘文化教室内)   小田急線・千歳船橋駅・徒歩2分
イオンカルチャークラブ葛西店 月曜日 ①16時30分~17時20分 ②17時30分~18時20分

[お問い合わせ・ご連絡先]
e-mail mine2525@jcom.home.ne.jp

↓ランキング参加してます。押すと順位がわかります。
ポチッとひと押し、お願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村

©当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://setagayakokugoryoku.blog27.fc2.com/tb.php/337-4106bee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック