FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。

イオンカルチャークラブの、

「国語力UP! 小学生の作文教室」。

4月10日、葛西店でいよいよ体験会を行います。

お気軽に、お問い合わせくださいね。


船橋店も募集中!
詳しくはこちら。

葛西・船橋で新講座開始!

お子さんの作文を見て、

朝起きて〇〇を食べました。
学校で〇〇をしました。
それから〇〇をしました。
(略)
楽しかったです。

という、

できとごの羅列型作文を見て、

「うーん…」

と、思ったことはありませんか。


お子さんが「書けない」のではありません。
学校で、

日記を書きましょう」

を宿題を出されるのですが、

「書き方」

を教えてもらっていないのです。



作文力は、
国公私立を問わず、
「国語、作文に熱心な先生かどうか」
によります。

というのも、

ゆとり教育後の学習指導要領で、
教える内容が増えて、

「書く方法」

まで、手が回らないのが実態だと思います。


もちろん、優秀な作文指導をする教師もいます。
教師次第とも言えます。


多くの教師は、教材(教科書の指導)で、手一杯のことが多いように思います。
お子さんや、保護者からのお話から、
推察します。

たとえば以前、ある私立小学校のお子さんが、

「三年生は、週三回、3ページ以上」

という日記の宿題に苦労して、
せたがや作文教室にいらっしゃいました。

今年度、同じようなお悩みで、
いらしているお子さんがいます。

気になったのは、

作文の評価(?)に、

〇〇だったんだね、よかったね

という赤字ばかりということです。

多くの国公私立のお子さん「日記指導」を見ても、
こんな感じです。

何をどう書いて、こんな考え、感想を書いたことがすごいね、
という評価は、あまり見られません。

たくさんのお子さんの作文を見るのだから、
一般的なご指導ではこうなるだろうな、
と思いつつ、

これでは、お子さんに苦行を強いるだけで、
作文力は上がらないのではないか?

と思いました。

日記をたくさん書くのは、よいことです。
でも、

「何をどう書けばいいかわからない」

というお子さんには、
適当にマス目を埋めるだけになってしまいます。

何が、どうだったのか。
それについて、どう思ったか。

そんなご指導をしていきたいと思います。


お気軽にお問い合わせくださいね。
せたがや作文教室では、
4月からの入会生を募集中です♪
小学生、中学生、高校生、大学入試対策など、
ご希望にあわせてご指導しています。

通年で、スポット利用受講(入会しない受講)もあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せたがや作文教室
一般社団法人 せたがや国語力研究所
代表理事 高清水美音子
東京都世田谷区砧6-27-19

●祖師谷大蔵教室(小田急線・祖師ヶ谷大蔵駅・徒歩4分)
下高井戸教室(京王線・世田谷線下高井戸駅・徒歩5分)
●経堂教室(小田急線・経堂駅・徒歩2分)

[お問い合わせ・ご連絡先]
e-mail mine2525@jcom.home.ne.jp

詳しくはHPをご覧ください。

一般社団法人 せたがや国語力研究所
http://www.setakoku.com

↓ランキング参加してます。押すと順位がわかります。
ポチッとひと押し、お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://setagayakokugoryoku.blog27.fc2.com/tb.php/286-5d40e6c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック