FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
公立中高一貫校適性検査対策。

せたがや作文教室は、
嘘を書かせるご指導はしません。

もちろん、
何も書けないより、
書いたほうが部分点がもらえます。
これは、
都立高校入試の200字問題と同じ、
とは、何度も書いてきました。

塾や、受験向けの作文教室が、
少しでも点を取るために、
何も書かないよりは、
「嘘でもいいから書け」
とご指導するのは、
それはそれでいいと思います。

しかし、
せたがや作文教室は違います。

たとえば、

「生徒が一人でも多く、公立中高一貫校に合格すればいい」

とは思っていません。

理由のひとつに、
日本が定義する「学力」が、
変わってきていることが挙げられます。

2020年大学入試改革が良い例です。


求められているのは、
知識を詰め込んで、
吐き出す、という学力ではありません。

問題に合わせて、
嘘を書く能力でもありません。

最近、読んだ中では、
以下の本が保護者向けにとてもわかりやすかったです。


ご指導しているお子さんが、
適性検査を突破できれば、
それは結果してうれしいことです。

でも、
もし突破できなくても、
これからを生きる思考力、文章力を、
ご指導したいと思っています。

正直、
適性検査はたった一度のテストです。
得意分野が出た、出ないということでも、
合否は左右されます。

それで合格、不合格となっても、
そのお子さんが優秀か、そうでないか、
と判断するのは、ナンセンスだと思います。

それよりも、
「嘘を書け」
とご指導するのは、
大変危険だと思っています。

将来、生きていくうえで、
何かあったとき、

「嘘を言えばいい」
「嘘を書けばいい」

と、思ってしまうことは、
社会人として致命的なことになりかねないと思うからです。


長くなったのでつづきます。


6月、7月からの入会生を募集中です♪

小学生から中学生、高校生、大学入試対策、就活対策など、
ご希望にあわせてご指導しています。
お気軽にお問い合わせくださいね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せたがや作文教室
一般社団法人 せたがや国語力研究所
代表理事 高清水美音子

祖師谷大蔵教室(小田急線・祖師ヶ谷大蔵駅・徒歩4分)
下高井戸教室(京王線・世田谷線下高井戸駅・徒歩5分)
経堂教室(小田急線・経堂駅・徒歩2分)

[お問い合わせ・ご連絡先]
mobile 090-1708-7080
e-mail mine2525@jcom.home.ne.jp

詳しくはHPをご覧ください。

一般社団法人 せたがや国語力研究所
http://www.setakoku.com

↓ランキング参加してます。押すと順位がわかります。
ポチッとひと押し、お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村

宣伝です!
アクティブラーニングの第一人者、
小林昭文先生の本作りのお手伝いをしました。

「いまからはじめるアクティブラーニング導入&実践BOOK」(学陽書房)

ご購入はこちら。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://setagayakokugoryoku.blog27.fc2.com/tb.php/257-953177b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック