FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
久しぶりのブログ更新です。

4月最初のブログ更新ということで、
改めて国語力向上、
作文力、読解力、論理的思考力の育成には……、

など、ツラツラと考えてみました。

そこで、
やっぱり一番大切で、
一番、身についてくれるといいな、
という力に気づきました。

「考えるっておもしろい!」と思える力です。


作文教室を続けてきて、
わたしが気づいたこと。


何を聞いても、

「別にー」
「フツー」
「面倒くさいー」

と言うタイプから、
具体的な言葉、自分の思い、考えを引き出すのが
一番難しいな、ということでした。

もちろん、
それでも、

「具体的な自分の思い、言葉」や、
「自分が興味を持っていること」、
「それに対して思うこと」=考え、感想、意見

が出てくるまで、
あきらめはしません。


改めて思うのは、

「考えるのっておもしろい!」

と、思えるかどうか、なんですね。

「別にー」

と言う子は、

考えることの楽しさ、おもしろさにひらめいていなんだな、

と、新年度を迎えてしみじみ思いました。


「みんなが、周りが、たくさんの人がそういっているから、
こうでいいや」

と、考えることを放棄して、
空気を読んでいればいいという時代ではなくなっています。


考えることを楽しむこと、
いろんな考えをめぐらして、
自分の意見を持つこと。

それを体現して、結果を出している、
わかりやすくてメジャーなキャラクターがいます。

ドラマ「相棒」の右京さんです。
誰もがすごいと思う彼の特殊能力は、

「気になってしまうのが、
わたしの悪いクセ」

です。

右京さんは、
考えることが大好きです。

何かを見たり、聞いたり、話したりするときに、

「あれはなぜ?」
「これは何?」
「どうしてこうなったの?」

と、あらゆるものに好奇心を持ってみています。


もしもこういう立場だったら?
こういう視点から見ると?

周囲のことをぼーっと眺めているのではなく、
常に、すべてのことを「観察」して、
自分の考えを持つのを楽しんでいるキャラクターです。

観察&考えを持つことで、
新しい発見をして、事件を解決に導きます。

ドラマですから筋書きがあるのは当たり前ですが、
彼の観察する力、思考力
何より「考えることを楽しむ」力は、
せたがや作文教室が目指すところだなと思います。

なぜかというと、
先入観を抜きにした観察→考えを持つ
+表現、実行すること=生きる力だと思っているからです。


つづきます。



祖師谷大蔵教室、下高井戸教室、経堂教室の3教室で、
生徒募集中です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せたがや作文教室
一般社団法人 せたがや国語力研究所
代表理事 高清水美音子

世田谷区砧6-27-19

●祖師谷大蔵教室(小田急線・祖師ヶ谷大蔵駅・徒歩4分)
下高井戸教室(京王線・世田谷線下高井戸駅・徒歩5分)
経堂教室(小田急線・経堂駅・徒歩2分)

[お問い合わせ・ご連絡先]
mobile 090-1708-7080
e-mail mine2525@jcom.home.ne.jp

詳しくはHPをご覧ください。
一般社団法人 せたがや国語力研究所
http://www.setakoku.com

↓ランキング参加してます。押すと順位がわかります。
ポチッとひと押し、お願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://setagayakokugoryoku.blog27.fc2.com/tb.php/237-57384e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック