FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
入会しなくてOK!
1コマ50分(2500円)、90分(3750円)、
1コマ単位で受講できる、

夏休み作文講座

を今年もやります!

すでに仮予約受付中です。
詳しくはこちら。

夏休み作文講座」のご案内
http://www.setakoku.com/#!natukouza/c1d8v

予約状況はこちら。

「連絡先・スケジュール」
http://www.setakoku.com/#!Contact/c24vq
(わかりにくい場合はメールまたは電話にてお問い合わせください)

さて。

夏休み宿題で、
子どもがもっとも苦しむ(?)のは、

読書感想文ではないでしょうか。

わたしは常々、
日本の国語教育における悪しき伝統だと思っているのですが、
まだまだ、
夏休み宿題のひとつとして、
よく出されています。

昨年の「夏休み作文講座」にも、
かなり遠くから、
読書感想文対策に、
夏休み作文講座」にいらっしゃる方が、
何人もいらっしゃいました。

なぜかというと、
普段の宿題作文と違って、

「夏休みの宿題読書感想文などを含む)を二学期初日に、
きっちり提出する」

ということは、
二学期の評価、
つまり通知表に大きく影響するからです。

プリントなど、
学習面の指導は、
ご家庭や、家庭教師などでも、
比較的簡単にできます。

でも、

読書感想文だけは……」

との理由で、
いらっしゃる方が多かったです。

最近は、
などでも作文対策をしています。
が! しかし!
実際に、
あるお母様から聞いた話です。

下高井戸教室の近隣には、
中学受験向けの大手が一通りありまして、
小学校低学年から通っている子も、
けっこういます。

あるとき、
学校で、
読書感想文宿題が出たそうです。

偶然なのかどうかはわかりませんが、
そのとき、某読書感想文を授業でやったそうなのです。

結果、
そのに通う子(クラスの4分の1くらい)が、
全員、同じ本の読書感想文を書き、
当然内容も似通っていたそうです。

教師もバカではありませんから、
自力で書いたのかどうか、
一目でわかります。

結果、
「よい感想文」をいくつか載せた家庭向けのお便りに、
で習った子の読書感想文はひとつも載らなかったそうです。

文章の書き方は、
習ってもいいと思うんですよ。
わたしも作文を教えていますから。

すべての文章教室がこうだとは思っていません。

そもそも、他の作文教室文章教室が、
何をやっているか、知りません。

でも、文章を習っても、

「自分ならではの意見、考え、思ったこと、感じたこと」

が入っていないといけないと思っています。

塾などでやったまま書いて提出すると、
単に「こう書けと言われたまま書いた」と教師にバレる可能性があります。


ネットにたくさんある(調べてみてびっくりしました!)、
読書感想文サンプル」といったものも、
同じです。

「どっかから借りてきた文章」を書いて出しても、
長年、作文を見てきた教師なら「自力で書いてないな」と、
すぐわかります。

せっかく書いたのに、
評価もされず。
文章力も国語力も上がらず。

それでは、もったいないです。

せたがや作文教室では、
「そのお子さんなりの思い」「オリジナリティ」を引き出します。

つづきます。

夏休み作文講座」ご予約受付中!

入会ご希望の方は、
空き枠を無料体験+有料体験(計3回)としてご活用ください。

お気軽にお問い合わせくださいね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せたがや国語力向上委員会主宰
せたがや作文教室 代表 高清水美音子
●下高井戸教室(京王線・世田谷線下高井戸駅・徒歩5分)
●経堂教室(小田急線・経堂駅・徒歩2分)
tel/fax 03-6765-2086
e-mail mine2525@jcom.home.ne.jp

詳しくはHPをご覧ください。
せたがや国語力向上委員会 公式ページ

http://www.setakoku.com

↓ランキング参加してます。押すと順位がわかります。
ポチッとひと押し、お願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://setagayakokugoryoku.blog27.fc2.com/tb.php/206-daf99d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック