FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
「自分から勝手に学ぶ子」
について。

学ぶ」ってどういうことか。

前回のつづきです。

「勉強をする」と「学ぶ」は違います。

「自分から勝手に学ぶ力」として、
書きたいことはたくさんありますが、
一番大切なのは、
発見する力」だと考えています。


ものすごい発見でなくていいんです。
それよりも、
「小さい発見をたくさん」です。
発見は、発想とか、気づく力でもあります。

具体的に言うと、

気づくこと
②気づいたことを、面白いなと思うこと、興味を持つこと
③頭のどこかかたすみに
(わたしは引き出しとよく言っています)しまうこと

です。

実は大人も子どもも、
いつも無意識にしていることです。

たとえば、

「○○公園の池を見たら、おたまじゃくしがたくさんいた」

とか、

「駅前に新しくできたラーメン屋は、
塩バターがものすごくおいしい」

など、みんな、
毎日たくさんの発見しています。

しかし、
重要なのは②です。

せっかくの発見について、
自分自身が、

「別にたいしたことない」
「フツーのこと」
「別にー」

としか思わなかったら?

いわゆる、
「何ごとからも、何も学べない」
という状態では、もったいないですよね。
発見する力を持っている子どもは、
興味を持ち、
いろいろと考えがめぐります。

「大きいのが1-2匹、小さい黒いのがうじゃうじゃいた」
「今は○月。こういう季節に、
おたまじゃくしは生まれるんだな」
「手で取るには、こうやってみたら失敗した。
こんなふうにしたら、取れた」


さらに、
発見」すること自体をを楽しむようになると、
つまらない授業でも、
発見したいな」と思いながら受け、
何か一つでも納得できること、
新しい気付きがあれば、
「学んだな」と思えるでしょう。

発見することを楽しむ子ども

とは、

あらゆることから、
「何かを学ぼう」とする子どもです。


たとえば、
こんなことでいいんです。

「水を冷凍庫に入れると、固まって氷になるってことを学んだ」

「猫のべろは、ざらざらしてるんだ、ってことがわかった」

日常の中でいろいろな発見をし、
それを、
どんどん口に出して言うことが、
「自分で勝手に学ぶ子」の第一歩だと思っています。

小さな学びの積み重ねが、
深い学び、考察、自分の考え意見
つながるのですから。

実は、
こうした「自分から勝手に学ぶクセ」は、
親のちょっとした工夫で、
お子さんに身に付けられるのです。

長くなったので、また次回に。

ひきつづき、生徒募集中です。
お気軽にお問い合わせくださいね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せたがや国語力向上委員会主宰
せたがや作文教室 代表 高清水美音子
●下高井戸教室(京王線・世田谷線下高井戸駅・徒歩5分)
●経堂教室(小田急線・経堂駅・徒歩2分)
tel/fax 03-6765-2086
e-mail mine2525@jcom.home.ne.jp

詳しくはHPをご覧ください。
せたがや国語力向上委員会 公式ページ

http://www.setakoku.com

↓ランキング参加してます。
国語力が向上しそう!と思ったら、
ポチッとひと押し、お願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://setagayakokugoryoku.blog27.fc2.com/tb.php/204-e2b5ff80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック