FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
ドラえもんの女子キャラ、

「しずかちゃんは美人か、美人じゃないか」

というお題での、
「おもしろ論理作文」。

お子さんたちの意見考え考察
そして発想力洞察力
子どもならではの着眼点、その理由と説得力に、
日々驚いています。


必ずどちらかの立場に立つ、
というのが、
ひとつのハードル。


子どもも大人も「空気」ばかり読んで、
自分の意見を持たない人が多いですが、

「なんとなく、美人だと思う、かな?」
「どっちかというと、美人じゃないかな?」

第一印象でいいので、
明確に立場を決めてしまうと、
理由が書きやすくなります。

そして、
その理由がおもしろい!

たとえば、小3女子の作品。

IMG_8521縮小

わたしは「アイカツ」というゲームを知らないのですが、
自分が知っている具体的な例を挙げて、
「美人」「かわいい」の違いまで説明してくれました。


さすが高学年!
とほれぼれしたのは、
小6男子くん。

「美人、美人じゃない」

というお題から、
自然に「マンガ、アニメ、映画の違い」について、
考察しています。

IMG_8507 縮小


小5から通ってきた成果が、
しっかりと表れています!


こういう作文を書くうちに、

「おもしろいな」
「不思議だな」
「なぜだろう?」
「こういう理由があるから、こうなのかな」

という力が身に付きます。

公立中高一貫校受検の問題解説についての書籍づくりをしたとき、
大切な力として、

「気づく力」

というカテゴリがありましたが、
まさに、これです。


どんなものにも、興味を持てる。
気づいたことに、
おもしろいなと思える。

これだけは、
塾で勉強しても、身に付きません。

そういう「見方」「視点」「考え方」を、
楽しんだ経験が必要だからです。

そういう経験を、
授業で楽しく、身に付けられるといいな。

それは公立中高一貫校対策ではなく、
先々の受験や就活、
もっというと、
社会に出たとき、
確実に役に立つ力だからです。

大人なら、
わかることですよね。

「仕事ができるヤツ」

と言われる人は、
人の気づかないところに気づけたり、
人が見過ごしてしまうことに「価値」を見出して、

「付加価値」

をつけて、
新しい展開を生み出したり、
新しいビジネスを作り出したりしています。

どんな仕事でも、同じです。


わあー!
なんだかまた、エラそうな感じになってきたので、
このへんで。



生徒募集中です。
お気軽にお問い合わせくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せたがや国語力向上委員会主宰
せたがや作文教室
代表 高清水美音子
●下高井戸教室(京王線・世田谷線下高井戸駅・徒歩5分)
●経堂教室(小田急線・経堂駅・徒歩2分)
tel/fax 03-6765-2086
e-mail mine2525@jcom.home.ne.jp

詳しくはHPをご覧ください。
せたがや国語力向上委員会 公式ページ
http://www.setakoku.com

↓ランキング参加してます。
いいね! と思ったら、
ポチッとひと押し、お願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://setagayakokugoryoku.blog27.fc2.com/tb.php/185-8421aa55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック