FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
1か月遅れとなりましたが、
あけましておめでとうございます。

今年も、
せたがや作文教室を、
どうぞよろしくお願いいたします。


新年最初のブログ更新です。

そして今日は、
公立中高一貫校の受検の日。

公立中高一貫校の適性検査では、
論理的思考力が問われていますね。

個理屈をこねることと勘違いしている人がいますが、
全然違います。

学校現場でよく言われている

「生きる力」

なのじゃないかな?
と、思うのです。

きっかけは、
最近話題になっている「スマホ歩き事故」です。

イヤホンをして、スマホを見つめて前を見ないで歩く。
結果として、事故を起こして自分が傷ついたり、人を傷つけたりします。

これは、

「スマホ歩きがなぜ危ないのか」

ということを、
論理的に思考していないからだなあと思うのです。

見る、聞くなど、五感とは、
そもそも、自分の身を守るものです。
危険がないか見て判断する。
危険な音がしないか聞きとって判断する。

それを遮断して歩くなんて、
恐ろしい!

生きるためのセンサーを、
スマホに没頭してオフにしちゃってます。

自分の目で見て、
耳で聞いて、
ときには臭いで、
触れた感じで危機を察知するのは、
まさに「生きる力」ではないでしょうか。

大人、特に親は、

「スマホ歩きはだめよ」

ではなく、

「危険を察知する目と耳をスマホに歩くなんて、
危ないことよ」

と、根拠を挙げて論理的に伝えなきゃいけないな、と思います。

あ、なんだか、えらそうですね(笑)。
「なぜ、ダメなのか」
「なぜ、危ないのか」

ということ、
「生きる力」を、
せたがや作文教室ではお子さんの年齢、様子に合わせて、
教えていこうと思っています。

もちろん、ダメ、危ないだけではなく、

「なぜうれしかったのか」
「なぜ感動したのか」
「友だちはなぜそういうことを言ったのか」

など、
論理的思考力とともに、

「相手の側に立って考えること」

も、自然に身につくように、
いろんな仕掛けをしています。

絵本を使ったり、
演劇のように口に出して見たり。

さまざまな手法を使って、
楽しみながら考え、自分の考えを持てるように、
今年もご指導していきます!

生徒募集中です。
お気軽にお問い合わせくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せたがや国語力向上委員会主宰
せたがや作文教室
代表 高清水美音子
●下高井戸教室(京王線・世田谷線下高井戸駅・徒歩5分)
●経堂教室(小田急線・経堂駅・徒歩2分)
tel/fax 03-6765-2086
e-mail mine2525@jcom.home.ne.jp

詳しくはHPをご覧ください。
せたがや国語力向上委員会 公式ページ
http://www.setakoku.com

↓ランキング参加してます。
役に立ったな、と思ったら、
ポチッとひと押し、お願いします。

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://setagayakokugoryoku.blog27.fc2.com/tb.php/179-1b1fe89d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック