FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
「うちの子は、
『思ったこと』が書けないんですよね……」

と、作文教室にいらした保護者や、
ママ友が言います。

せたがや作文教室では、

「思ったこと」

を言葉にして、
表現できるようになることが大事、
と考えているので、
いろいろな方法を試してきました。

「思ったこと、わかったこと、なるほどー、ウソー! って思ったこと。
何でもいいんだよ」

「たとえば、『イヤだな』とか、『ウケる~!』とか、
何でもいいよ! 次の行で
『なぜかというと~』を使って、
もう少し説明してね」

と、ご指導してきました。

しかし!
最近、気づいたことがありました!

もっと、ストレートに伝わる言い方はないかな?

と思っていたからです。

それは、

「一瞬の感情」と「本当の気持ち」でした。
振り返ってみると、
たとえば、

「ヤバい~! と思いました」

「キリギリスに対するアリの気持ち?
こいつ、バカじゃね? だと思います」

と書くお子さんがいます。

いいんです。

「今、パッと思いついたことを書いてみて」

「自分の思ったことなんだから、
なんでもいいんだよ。
算数と違って、正解はないんだから」

そのように、
わたしは話してきました。

ウソではありません。

「自分の本音」を書けるだけで、
まずは、ものすごーくすばらしい!
自主規制して出さない子もいます。

しかし、わたしの説明が足りなかったのは、

「バカじゃね?」

という、

「一瞬の感情

を書いた子に、
なぜそう思ったか、
ツッコまなければいけなかったのでした。

「その言葉を言ったのは、どういう気持ちがあったから?」

もちろんこれまでも、
そういう質問をして、
気持ちを引き出すお手伝いをしていました。

でも、
精神的に大人びたお子さん、
理屈で納得するお子さん、
小4以上のお子さんには、

「思ったこと」に、

なぜさらにツッコんだ質問をするのか、
簡潔に説明したほうが効果的だな、
と思うようになったのです。

「バカじゃね?」
というのは、ぱっと思った「一瞬の感情」。

でも、
「バカじゃね?」
と思ったのは、どういう気持ちがあったからか?
です。

どっちも「気持ち」ですが、
わたしは後者を、

「本当の気持ち」

と呼ぶことにしました。

このふたつを分けて考えよう、
と説明しないと、

「思ったことを書いたのに。
これ以上、思ったことって何を書けばいいの?」

と、お子さんが混乱してしまいます。

本当に、
お子さんたちから、
わたしが何倍も学ばせてもらっているなあ、
と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せたがや国語力向上委員会主宰
せたがや作文教室
代表 高清水美音子
下高井戸教室(京王線・世田谷線下高井戸駅・徒歩5分)
経堂教室(小田急線・経堂駅・徒歩2分)
tel/fax 03-6765-2086
e-mail mine2525@jcom.home.ne.jp

詳しくはHPをご覧ください。
せたがや国語力向上委員会 公式ページ
http://www.setakoku.com

↓ランキング参加してます。ポチッとひと押し、お願いします。
おかげさまで、
「国語科教育」で現在3位!(99サイト中)
「塾教育」で56位!(606サイト中)
「中高一貫校受験」で28位!(155サイト中)
「教育」のカテゴリで174位になりました。(6267サイト中)

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://setagayakokugoryoku.blog27.fc2.com/tb.php/171-98d43ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック