FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
人の感情をきっかけに起こる、
悲しいニュースを耳にするたびに、

相手の立場になって考えたり、
人の気持ちを思いやったりすることが大切だな、

と、改めて思います。

こういう能力を含めて、
わたしは「国語力」という言葉を使っています。

「自分の言いたいことを、相手が伝わるように話す」

 →文章構成力、表現力、相手に理解できる言葉で説明する力。
 
「他の人が話していることを理解する」

 →読解力。文章を読み解く練習は、
 人の話を聞く練習でもあります。

国語力」って、
コミュニケーション能力」でもあるんですね。


そういう力を伸ばしたいから、
せたがや国語力向上委員会は、
○○中合格!とかではなく、
国語力向上」を目指しているのです。


そんなことを考えながら、最近、
「絵本作文」に取り組んでいます。

IMG_8380syukusyo.jpg
「よみきかせおはなし絵本①」(成美堂出版)より


短い童話や昔話など、
誰もが知っているお話を絵本で読み聞かせして、
登場人物の気持ちなどを、
短い作文として書いていく、
というもの。

読解の基礎的な練習になります。

先週今週は、
「ありときりぎりす」。

いろんな学年のクラスで取り組んでいます。
ただ、
書かせるだけではありません。

たくさん、
質問をします。

「夏のありは、どんな気持ちだったんだろう?」

「冬になって、
ありの家の扉をたたくとき、
きりぎりすはどんな気持ちだったのかな?」

「冬に、きりぎりすが、
家にやってきたときのありの気持ちは?」

「最後にありは、
夏の間にたべものをあつめておけばよかったんですよ、
って言ってるね。
お話もここで終わってる。
じゃあ、このあとありは、どうしたと思う?」

そんなことは、
考えたこともなかったという子もいます。
いいんです。
そういう大人も、たくさんいます。


「自分だったら、どう思う?
そのままでいいから、書いてみよう!」

と言って、
なるべく細かくシーンを分けて、
一言でもいいから書く、
という取り組みに、
今ハマっています!

これを繰り返しやっていたら、

「自分の気持ちを伝える力」
「人の気持ちを想像して考えること」

が、

身につくかもしれません。

わたしも、
そういう力を完璧に持ち合わせた「素晴らしい人物」、
というわけではまったくありません!

子どもと一緒に、
まだまだ勉強しているところです(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せたがや国語力向上委員会主宰
せたがや作文教室
代表 高清水美音子
下高井戸教室(京王線・世田谷線下高井戸駅・徒歩5分)
経堂教室(小田急線・経堂駅・徒歩2分)
tel/fax 03-6765-2086
e-mail mine2525@jcom.home.ne.jp

詳しくはHPをご覧ください。
せたがや国語力向上委員会 公式ページ
http://www.setakoku.com

↓ランキング参加してます。ポチッとひと押し、お願いします。
おかげさまで、
「国語科教育」で現在4位!(98サイト中)
「塾教育」で61位!(602サイト中)
「中高一貫校受験」で29位!(153サイト中)
「教育」のカテゴリで277位になりました。(6267サイト中)

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://setagayakokugoryoku.blog27.fc2.com/tb.php/167-ba3df3c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック