FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
適性検査・直前特訓コースのご案内をしてから、
おもしろい現象が起きています。

このブログがランキングに参加している、
日本ブログ村の「国語科教育」「塾教育」「中高一貫教育」のジャンルで、
グーンと順位が上がったのです。

特に「国語科教育」は顕著で、
2-3か月前までは13位前後をキープしていたのですが、
その後6-8位くらいまでに浮上。

適性検査・直前特訓の記事をアップすると、
4~6位に。
最高で、3位にまで上がりました。

中学受験の最後の追い込みの時期です。
注目記事に選ばれるのも、
当然かもしれません。

結局、始める時期が遅すぎたため、
入会しなくても空き枠を予約して受講できる、
「冬期作文講座」で、
ご希望に合わせて、
ご指導することにしました。

しかし、
通常の小学生作文コースと、、
適性検査・直前対策特訓、
実はそれほど教える内容に違いはないのです。

小6意見作文131122


あえて違いを挙げるとすれば、

・時間がないので、
 総合的な国語力というよりは、
 読解力、作文力、論理的な考え方を指導する

・教えるのは、ほとんどが意見作文課題条件付き作文

・希望校の過去問の特徴、校風による
 「出題されやすい問題」の傾向と対策を教える

適性検査ならではの引っかけを見破る方法、
 独特の問題文の読み解き方

を教える、というくらいでしょうか。

それだけやれば、
十分、適性検査対策じゃないの!

と、思われるかもしれません。


冬期作文講座は、
今年の7-8月に同じ形式で行った、
夏休み作文講座が好評だったため、
実験的に実施してみることにしました。、


夏休み作文講座にやってくるお子さんには、

「読書感想文を仕上げる」
「自由研究のまとめ文章を仕上げる」

という、目標がありました。

「夏休みの間に、国語力を上げたい」

と、夏期講習のように活用したいというお子さんもいました。

適性検査対策も同じです。

公立中高一貫校に合格するために、
問題文を読解し、
合格できるような課題文を書けるようになりたい」

という目的があります。

通常の小学生作文コースも同じなんです。

作文が大好き。さらに上手になりたい、
いろんな文章が書けるようになりたい」

というお子さんもいれば、

保護者の、
「大の作文嫌い。
作文が書けるようになってほしい」

という危機感から、
通うようになった子もいます。

「作文では、事実の羅列しか書けない」
「何を書いていいか、わからないようだ」
「読解が苦手なので、他教科の成績も悪い」

という声も、
よく聞きました。

どんなお子さんの希望にもこたえて、
目標を達成し、
さらに伸ばし、
国語直向上を目指すのが、
せたがや作文教室の使命(笑)!

だから、

適性検査を突破したい」

というご要望にも、
こたえたいと思っているのです。


適性検査対策・直前特訓は、
こんな流れでご指導を始めています。

まずは、
これまでに適性検査向けとして書いた作文を無料添削します。

そういった作文がなければ、
テーマを出して、書いてもらいます。
まずは、その子の文章力のレベルを把握することから、
始めるんですね。

わたしは編集者でもありますから、
文章を読めば、
その子の弱点がわかります。

「問題文で、
 何が問われているかが、わかっていないんだな」
「課題文がきちんと読めていないな」
「自分の考えを持つのが苦手だな」

弱いところがわかれば、
そこを強化すればいいのですが、
ご指導して即、成果が見られるかどうかは、
お子さんによって千差万別です。

条件付き意見作文の書き方、
文章の構成の仕方のプリントを作って、
説明するだけでわかるお子さんもいれば、
作文の書き方の基礎から教える必要のあるお子さんもいます。

では、何をどう教えるか。
基礎から教えるなら、
教える内容は通常の作文教室と同じです。
三行作文から始めます。

基礎ができていれば、
発展問題の型から教えたり、
ほぼ書けているけれど、
「自分の考え」がいまひとつ弱いなら、
「自分の考え」を持つための取り組みをしたりします。

これらはすべて、通常コースでもやっていること。

だから、

「通常コースとやることは同じ」と書いているんですね。

せたがや作文教室に通っているお子さんは、
楽しく自然にじっくりと、
「自分の意見」を持つことを身に付け、
自分の考えを説明し、
文章で表現することを学んでいます。

それをクリアしているお子さんは、
さらに高いレベルの文章力、
読解力を鍛えています。

そもそも、
適性検査で問われているのは、
総合的な高い国語力です。

せたがや作文教室
そして主宰するせたがや国語力向上委員会が、
目指しているところでもあります。

それを身に付けないと、
適性検査は突破できません。


来年の受検までに成果が出るかどうか、
わかりません。
間に合わないかもしれません。

これまで、週に1回通ってきて、
じっくりと基礎から育ててきたお子さんとは、
違うからです。

それでも、
「そういうことだったのか!」
と、すとんと納得して、
劇的に適性検査の記述問題が、
書けるようになる子もいます。

「三行作文」レベルから始めたけど、
文章構成が理解できて、
グーッと伸びるお子さんもいます。

作文力は多少上がったけど、
合格レベルとは言えない……。
だけど、理数系の問題に強かったので合格した、
というお子さんもいました。

時間的な問題で、
来年の受検対策クラスを作ることは断念しました。

それでも、

「効果があるかもしれない」

と思った方は、
ぜひお問い合わせ、お申し込みください。
1回2100円で、完全マンツーマン指導です。
効果なしと思えば、それきり、となってもいいんです。

お安くてお得じゃないかな?
と、自分では思っております。

うれしいことに、
何人か通ってくれることになりました。

精一杯、
ご指導したいと思っております!

つづきます。

生徒募集中です!
お問い合わせ、お申込み、
お待ちしております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せたがや国語力向上委員会主宰
せたがや作文教室
代表 高清水美音子
下高井戸教室(京王線・下高井戸駅・徒歩5分)
経堂教室(小田急線・経堂駅・徒歩2分)
tel/fax 03-6765-2086
e-mail mine2525@jcom.home.ne.jp

詳しくはHPをご覧ください。
せたがや国語力向上委員会 公式ページ
http://www.setakoku.com

↓ランキング参加してます。ポチッとひと押し、お願いします。
「国語科教育」で現在4位!(98サイト中)

にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://setagayakokugoryoku.blog27.fc2.com/tb.php/163-62481de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック