FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
先日、
昔から来ている中学生の話を聞いていたら、

作文課題の時間って、
みんなまず書き出して、最後に題名をつけてるんだよ」

と聞き、
愕然としました。


題名をつけないで書き出す作文とは、

言ってみれば、
目的地まで経路も調べずに出発する車、
範囲も調べず勉強もしないで挑む、
試験のようなものです。

わたしの知っている世界で言うと、
「企画タイトルのない企画書」
というところでしょうか。


題名は大事です。
作文で「書く内容を代表する1行」だと思ってください。
そんな題名がつけられたら、
作文は、仕上がったも同然です(笑)。


先に題名をつけない、
または、
あとからつけようとするから、

気づいたら話が脱線してしまった作文
何が言いたいかわからない作文になってしまうのです。


小学校日記指導などで、
題名をつけるように指導する教師、しない教師、
いろいろですが、
題名をつけをという指示がなくても、
つけるほうが絶対によいです。

だって、
低学年日記は題名をつけなくても、
その後中学年以降、
文章を書くときはずっと題名をつけるのですから。

それなら、
最初からつける習慣をつけておくほうが、
いいですよね。
[5W1Hよりもまずは「題名」をつけること]の続きを読む
スポンサーサイト