FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
先日のこと。
突然、某教育雑誌から電話が来ました。

教育雑誌と言っても、
教師向けではなく、
向けの雑誌です。

簡単に言うと、

「○月発売号で、
教室を紹介するページがあります。
HPを見てお電話させていただいているのですが、
広告を出しませんか?」

というものでした。

驚きました。
こういうことって、あるんですね。

しかも、
その雑誌は、
かつてよく記事を書かせていただいた雑誌です。

ご縁と言うやつでしょうか。

でも、
全国で売っている雑誌に「広告」を出す気はなかったので、
丁寧にお断りしました(なので、誌名も伏せました)。

ご存じの通り、
せたがや作文教室は、
小ぢんまりした教室です。

仮に今、どかっとお問い合わせをいただいていても、
対応する状況にありません。

今は、

作文教室を探していたらHP(またはブログ)を見つけた」

と連絡を下さる皆様、
教えている手法、目指す国語力に共感して、
来てくださっている皆様を大切にすることで、
精一杯です。

まだ、
「知る人ぞ知る作文教室
でいたいなあと思いました。

さて、
久しぶりのブログ更新になりました。
前回のつづきです。

[親ならだれもが知ってる「某教育雑誌」からの電話]の続きを読む
スポンサーサイト



学校の作文の授業では、

「気持ちを書きましょう」

と、よく言われます。

でも、

「思った通り書けばいいんだよ」
「自由に感じたことを書けばいいんだよ」

と言われても、

「何をどう書けばいいの!?」

と、子どもは途方に暮れてしまう。
これは、
何度も書いてきたとおりです。


すると、

「楽しかったです」
「うれしかったです」

または、

「~~と思いました」

とばかりが並ぶ作文になります。

子どもの悩んだ末の結果です。


そういうときはやはり具体的に、

「何を、どう書けばいいか」

教えてあげることが大事だと思っています。


「思いました」
を使わないで書いてみて、
というやり方もしてきたのですが、

今週は、

「気持ち」を書かない、
「行動」を書く、
その「行動」を読めば「気持ち」がわかる文章を書く

という、
ちょっと高度な取り組みを始めてみました。


理想的な見本は、
沢田研二の名曲「勝手にしやがれ」です。


もちろん、
お子さんは聞いたこともないでしょう。
保護者の中には、
知らない方もいるかもしれません。

しかし、
著作権とか面倒なことがあるとなんですので、
歌詞は書きません(検索してください)。

この曲の歌詞は、
すばらしいです!

ほぼ、「行動」しか書かれていません。
[「気持ち」を「行動」で表す~目指すは沢田研二「勝手にしやがれ」]の続きを読む