FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
せたがや作文教室代表・高清水が
企画、編集、問題作成などを担当した、
ブックオフ知育ドリル」、
好評発売中です!

つくったのは、
「しりとり」「なぞなぞ」「めいろ」、
各シリーズの総集編の「ちえあそび」(カンタン編)、(チャレンジ編)の
上記ジャンルです。

そして先日、
監修してくださった、
親野智可等先生が、


超人気メルマガ「親力で決まる子供の未来」2014年3月21日号で、


ブックオフ知育ドリル」を紹介してくださっています!

http://archive.mag2.com/0000119482/index.html

キャー!パチパチ!
[親野智可等先生がメルマガでブックオフ「知育ドリル」を紹介]の続きを読む
スポンサーサイト



少々、宣伝ぽいですが(宣伝ですねー)、
ブックオフ知育ドリルを、
さっそく作文教室で活用してみました。

新小1生が複数人、
無料体験に来てくれました。


まあ、自画自賛ですが、
思っていたよりも夢中になって、
取り組んでくれました!!


内容がレベル1~3に分かれていて、
レベル3では、
ひらがなで答えを書くマスを作ってあります。

IMG_8538縮小


「あああ、いいい、
と小学校で文字だけ練習するより、
答えを見つけて、
マスに埋める楽しさを感じながら、
ひらがなを学べていいな」

と、知育ドリルの活用方法が見えてきました!



新小1のお子さんは、

すでにひらがなが書ける子、
読めるけど書くのはまだゆっくりな子、
名前は書けるよ、と言う子、

いろんなタイプがいます。


それでいいんです。

まだ習ってないのですから。


せたがや作文教室の方針として、

「習ったときにできるようになればいい」

というのがあります。
[BOOK OFF「知育ドリル」を作文教室で活用!]の続きを読む
ひょんなご縁で、

BOOK OFFのPB(プライベートブランド)商品、
知育ドリル」シリーズの企画、編集、問題作成などに関わりました。

↓BOOK OFFの紹介サイトはこちら。

http://www.bookoff.co.jp/event/drill201402.html

国語力を駆使して、
「しりとり」「なぞなぞ」を担当!
「めいろ」もです。

IMG_8532縮小


シリーズの総集編「ちえあそび」(かんたん編、チャレンジ編)の、
「しりとり」、「めいろ」、「なぞなぞ」も作りました。

「作った」というのが、
どういうことかというと、

「どんな『めいろ』にするか?」

「どんなページにしたら、おもしろい『なぞなぞ』になるかな?」

「『うしろ2文字しりとり』『回転しりとり』とか、
難しくてやりがいがあるかな?」

などなど、
アイデアを出し、
問題を作り、
どんなページにするか決めて、
制作したということです。


たとえば、こんな感じです。

IMG_8527縮小

しりとり、なぞなぞ、めいろの問題です。

ちょうど近々、
新小1生が数人体験教室にやってきてくれます。
授業にどんどん、
活用してみる予定です!

というのも、
この知育ドリルは、

「小学1年生の入学準備」に役立つように、
意識して作ってあるのです。


未就学児が、
楽しく、夢中になって、
気づけば「ひらがな」が学べていた!

なんてなるように。

以前お世話になった、
親野智可等先生も、
監修をご快諾くださいました。

[祝!発売!「BOOK OFF 知育ドリル」を作りました]の続きを読む