FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
4月4日まで開催している、
入会キャンペーンが盛況です。

ありがたいことです!

今回、これまでの入会キャンペーンと違うのは、

新小1生の保護者の皆さんから、
お問い合わせ、無料体験の申し込み、ご入会が多いこと。

ブックオフ知育ドリル」のおかげかもしれません(笑)。
授業でも、どんどん活用しています!



せたがや作文教室の新小1クラスの場合、

「字が書けるか、書けないか」

は、あまり関係ありません。

自分の名前が書ける程度で大丈夫です。

だって、
まだ習ってないのですから。
できなくて当然だよ、
と言っています。

気づけば、
何回もひらがなを書いていて、
練習していた、となるような仕掛けをしています。


さて、
今日のお題は前回予告した、

作文は「理論」「理屈」から入る

です。


作文と言うと、

「感じたことを自由に書いてごらん」
「思ったことを、そのまま書けばいいんだよ」

と、実にあやふやな説明が、
学校でもその他のシーンでもよくされています。

わたしも、
かつて親にそう言われて、

「自由に思ったことって、どう書けばいいの!」

と、心の中で叫んだことがあります。

作文は得意でしたが、
このときは、大嫌いな読書感想文でした。

今も、
日本国語教育における、
三大ダメ作文テーマ(?)の
ひとつだと思っています。

本当です。
これを書くがために、
読書嫌いになったらどうするのでしょう?


話がずれました。


作文は、
理論から入るべきです。
理屈をまず教えるべきです。

新小1生はもちろん、小学生中学生
作文嫌いな高校生でも、
同じです。

その代表が、
何度もご紹介してきた、
三行作文です。

理論理屈
つまり、作文の骨組み、
型を、論理的に教えることです。

数学でいうところの公式のようなものです。
[作文は「理論」「理屈」から入る]の続きを読む
スポンサーサイト