FC2ブログ
教育ライターの経験を活かして、「国語力向上」を目指す作文教室を2010年に開校。独自の手法で、作文力、発想力、コミュニケーション能力、論理的思考力を育てています。公立中高一貫校の適性検査対策も。2014年12月、一般社団法人 せたがや国語力研究所として法人化。下高井戸教室、経堂教室があります。
半年くらい通ってきてくれているお子さんが、
最近、こんな作文を書いてくれました。

作文が好きになった

日記の宿題にものすごく時間がかかってしまう、
と、通い始めてくれたお子さんです。

今では、
30分かかるか、かからないかで日記を書きあげます。

家でも、ずいぶん早く書けるようになったそうです。

このお子さんがガーッと書けるようになったポイントは、

「遠足に行ったとか、特別なことじゃなく、
ちょっとしたことでいい」

「ちょっと気になったことでいい」

と思えたことが大きかったんだな、と、
この作文を書いてもらって、わかりました。


さて、作文力と読解力の関係です。


何度も書いておりますが、
せたがや作文教室では、

三行作文

という、「作文の型」を教えることから始めます。

一行目 ●●は□□です。
二行目 なぜかというと、△△だからです。
三行目 前の2行に関する自分の考え、意見、感想、考察を1文で書く

というもの。



「大学の先生の論文も、
ものすごくシンプルにすると、
三行作文なんだよ」

とよく話します。

たとえば……。
[「作文力」が「読解力」につながる理由]の続きを読む
スポンサーサイト